椎名林檎が生放送でエロすぎる谷間を披露して話題に 「放送事故」「真木よう子みたい」



最近ではテレビのちょっとしたワンシーンで、女性芸能人たちが垣間見せるセクシーショットなどが、ネット上で話題となることもしばしばだが、先頃、歌手の椎名林檎(36)が、生放送の歌番組で思わぬセクシーぶりを披露し、注目を集めている。

http://youtu.be/fEmNJluJOBk


これは2月27日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でのひとコマで、この日、日本テレビ系の人気ドラマ『○○妻』の主題歌・『至上の人生』を生披露すべく出演した彼女は、白のタンクトップにジャケットを羽織った姿で登場。しかしその熱唱中、ジャケットをはだけさせたかと思うと、その後、ジャケットを完全に脱ぎ捨て、セクシーなタンクトップ1枚の姿に。そのため、これを見た男性視聴者からは「でけえええええ」「お茶の間が凍った」「真木よう子みたいだな」「エロすぎわろた」「これもう放送事故だろ」「いいおっぱいでした」とい った、実に熱のこもった声が相次いだ。

1998年に『幸福論』で鮮烈なるメジャーデビューを果たし、三十路半ばを過ぎた今も、衰えはおろか、その魅力により一層の磨きをかけ、現在もなお、第一線で活躍中の彼女。その底知れぬパワーと魅力に、今後も注目したいところだ。

文・久保田太陽
続きを読む