『新婚さんいらっしゃい!』が放送事故級と話題に 「会場ドン引き」「エロゲ設定w」


そのあまりに個性的な出演者と、彼らの語るぶっ飛んだエピソードの連続に 、話題となることもしばしばの『新婚さんいらっしゃい!』(朝日放送)。これまでも放送事故スレスレの実に強烈なトークを繰り出す出演者は数多く登場したが、そんな同番組の直近の放送回で、またもやなかなかパンチの効いた感じの出演者が出演し、ネット上で注目を集めている。



これは同番組の3月1日放送分でのことで、この日出演したのは、北海道からやってきたというバーテンダーのご主人(33)とその妻(23)。当初は彼らの住む北海道での、実にのどかな暮らしぶりなどからトークがスタートしたが、二人の馴れ初めについて妻が紹介すると、会場からはなんとも言えぬどよめきが。実はこの夫婦、彼らの親が再婚した際にお互いが「連れ子」として出会った、義理の兄妹という関係だったのだ。

司会を務める桂文枝も「番組が始まって以来の組み合わせかもしれない」と驚いた様子であったこの夫婦。親の再婚を機に二人が出会ったのは今を遡ること約13年前のこと。当時10歳だったという妻は、その頃から父親の再婚相手の息子として出会った現夫(当時20)に、少女漫画的な恋愛感情を抱き、「禁断のストーリーがはじまるんだ」と思って、ひそかにその想いを高めていくことに。その後、一度は別の女性と結婚したものの、3年あまりで離婚した現夫は、やがてすっかり大人へと成長した彼女を意識しはじめて交際関係へ。今回の結婚へと繋がったという。

そのため、この二人のエピソードを聞いた男性視聴者からは「これマジかwwww」「なんやこの設定」「エロゲ設定だろ」「連れ子同士で結婚てあるんやな エロ漫画やん」「会場のドン引き加減に草不可避wwww」「連れ子通しで結婚できるんやな 知らんかったわ」「義妹で妄想癖があってドM  どんだけ属性盛ってるんだよと・・・」といった声が出ている。

文・久保田太陽

■参照リンク
http://www.asahi.co.jp/shinkon/
続きを読む