フジ系ドラマ『銭の戦争』の木村文乃が美しすぎると話題 「安定の木村クオリティ」


近年、その美しい美貌と、安定感抜群の演技力から、映画にドラマにとひっぱりだこの女優・木村文乃。そんな彼女が出演する人気ドラマ『銭の戦争』(フジテレビ系)の第9話が放送された3月3日、ネット上では彼女の「美しさ」に、改めて賞賛の声が相次いでいる。



青池ファイナンスの会長(ジュディ・オング)を祖母に持つ青池梢役として本ドラマに登場している彼女は、この日も白のジャケットや深紅のコートなど、ゴージャス系のデキる女的な衣装で出演。持ち前の品の良さと、凛とした雰囲気で、同役を好演していたが、そんな姿を見た世の男性ファンからは、改めて彼女の美しさに対する賞賛の声が。放送後は「美しすぎワロタ」「今日も綺麗だな」「安定の木村クオリティ」「この人って悪女でも令嬢でも完璧にこなすよね」「ちょっと影のある感じがまたいいんだよな」「ため息でてくるわ」「それにしても美しい...」といったコメントがネット上にも相次いだ。

最近ではインスタグラム上で公開している手料理画像なども話題となるなど、その動向については、絶えず目の離せない人気女優となりつつある彼女。今年は現在公開中の映画『くちびるに歌を』をはじめ、『イニシエーション・ラブ』(5月公開予定)や『ピース オブ ケイク』(今秋公開予定)と、話題作への出演も目白押しだけに、ますますその活躍に注目が集まりそうだ。



文・久保田太陽

■参照リンク
・https://instagram.com/fuminokimura_official/
続きを読む