川口春奈のお尻が「エロすぎる」と話題 「プリプリ感がタマらん」「美尻クイーン」


先日も100cm・Iカップ巨乳グラドル・柳瀬早紀が巷の男性陣から熱視線を浴びて話題となるなど、近頃はその愛くるしいルックスのみならず、胸元や脚線美など、人気アイドルたちの身体の部位に着目し、「パーツ推し」をするファンも少なくないが、そうした中、最近になって「美尻クイーン」としてにわかに注目を集めているのが、人気女優・モデルの川口春奈だ。


2007年、中学1年生で人気雑誌『ニコラ』のモデルとしてデビューした彼女は、2009年、アイドル女優の登竜門として知られる『三井のリハウス』の第13代リハウスガールに抜擢。その後も話題のドラマに出演するなど、近年その活躍はモデル業のみならず、実に幅広いものとなりつつあるが、このところそうした川口の「美尻」ぶりについて、新たに着目するファンが急増。ネット上でも「プリプリ感がタマらんわ」「この子の美尻は独特の魅力があるよな」「なんでもっとブレイクせんのやろか」「ワイは大好物やで」「それにしてもたまらんなぁ」「この中にダイブしたい」「ヤクルトの始球式の時めっちゃ可愛かったで」「女性芸能人のヤクルトファンとしてポスト磯山さやかやね」といった声が巻き起こっている。

先頃、自身3冊目の写真集『haruna3』(ワニブックス)も発売され、グラビア方面での活躍にも期待が集まる彼女。こうしたファンの後押しを受けて、今後、彼女がどのような飛躍を見せるのか気になるところだ。

文・久保田太陽
続きを読む