古代メソポタミア時代の石板に文字発見!→内容がただのクレームと判明www



3750年前の石板に刻まれていたのは、顧客からのクレームだったことが判明した。

この石板は、古代メソポタミア時代のもの。Nanniという人物が粘土板に文字を掘って、ビジネスパートナーのEa-nasir氏に送った文書ということまでは分かっていたが、どうやら彼のサービスに対するクレームが刻まれていたようだ。

その内容は「なぜ私なのですか? 私を侮辱しているのですか?」と、提供されたサービスのクオリティに対して不満を訴えるもの。これに対しEa-nasir氏から返事があったのか、そして2人がその後も取り引きをしたかなどは不明だが、古代にもカスタマーサービスのようなやりとりが存在していたことには驚きである。

https://www.youtube.com/watch?v=f7K49JRQFQY


現在で言えば「ここは最悪。ベッドの寝心地は悪いし、スタッフの態度は悪い。おまけにビーチまで遠い。星ひとつ!」...というレビューのようなものだろうか。この古代クレーマーの遺物に対し、ネット上では「超おもしろい!」と興味が集まっている。

この貴重な石板は現在、イギリスの大英博物館に展示されているとのこと。もし同博物館を訪れることがあれば、この石板にも注目してみてはいかがだろう。

【参照リンク】
http://metro.co.uk/2015/03/05/believe-it-or-not-this-carving-is-actually-a-3750-year-old-customer-service-complaint-5090917/
続きを読む