ディズニーランド史上究極の謎、「トゥモローランド」は別世界の入り口だった!?【動画】


これまでまったく情報が明かされてこなかったジョージ・クルーニー主演の最新作『トゥモローランド』だが、今回予告編が解禁となり、少しずつその全貌が明らかになってきている。



ディズニーランドにある「トゥモローランド」は、別世界への入口なのか?何の目的でトゥモローランドは作られたのか?ウォルト・ディズニーがそこで果たした役割は?そして究極の謎――"人類の未来を切り開く鍵"はトゥモローランドに隠されているのか...?

予告編からは、

・ジョージ・クルーニー演じるフランク・ウォーカーは、子供の頃「トゥモローランド」に行ったことがあるらしい
・「トゥモローランド」に行くためには謎のピンバッジが必要?
・未来を夢見る少女ケイシーはピンバッジを託され、「トゥモローランド」を目指す
・「トゥモローランド」は未来ではない。世界のどこかにある、すべてが可能になる場所らしい
・「トゥモローランド」の謎を解けば世界が救える?

といった、断片的だが物語の核となりそうな詳細が読み取れる。

https://youtu.be/0sH0__SpV88


「トゥモローランド」の存在を知る男フランクを演じるのはジョージ・クルーニー。フランクと共に「トゥモローランド」の命運を握る少女には、ドラマ『アンダー・ザ・ドーム』の新鋭ブリット・ロバートソンと、『スノー・ホワイト』のラフィ・キャシディ。また、役柄はまったく明かされていないが、予告編にはドラマ『Dr.HOUSE』のヒュー・ローリーの姿も。

監督は、ディズニー/ピクサーの『Mr.インクレディブル』『レミーのおいしいレストラン』、さらにはアクション大作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』で鮮烈な実写映画デビューを飾った、アカデミー賞監督ブラッド・バード。また海外ドラマ『LOST』のクリエーターの1人で、『スター・トレック』シリーズや『プロメテウス』などの話題作を手掛けたデイモン・リンデロフが製作と脚本を担当しているのも話題だ。

ディズニーランドは「トゥモローランド」をカモフラージュするための隠れ蓑なのか?ウォルト・ディズニーが「未来」に託した極秘プロジェクトとは何だったのか?

『トゥモローランド』は6月6日(土)、全国ロードショー

(C)2015 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.
続きを読む