【珍プレー】ボールがグローブから取れない・・・ピッチャーがとった行動がスゴすぎる


マイアミ・マーリンズとミネソタ・ツインズのオープン戦で、ツインズのピッチャー、マイク・ペルフリーがキャッチしたボールがグローブから取れなくなり、とっさにとった行動がネット上で拡散中だ。



4-4の場面でアデイニー・エチェバリアが打った強襲打をキャッチしたペルフリー。一塁に向かって投げようとすると、ボールが抜けない...そこでとっさに取った行動は、グローブごと1塁に投げるという豪快なもの。

この場面でもう一つ、ペルフリーをフォローする形で、一塁に向かう相手選手をいつでもタッチアウトできるように追走しているキャッチャーのジョー・マウアーの機転も素晴らしい守備。ペルフリーは後に、「最初エチェバリアがまだ来ていないのを確認したから、彼とかけっこするという手もあるなと思った」と、走るかグローブを投げるか冷静な判断も出来た模様。

ツインズのモリター監督も「リプレイ映像で昔みたことあるけど実際グローブを投げる守備シーンは生で初めてみたよ。一流のエンターテイメントだね」と興奮気味に語っている。

【動画】http://m.mlb.com/cutfour/2015/03/12/112422184/mike-pelfrey-gets-ball-stuck-in-his-glove-throws-the-whole-thing-to-first-base
続きを読む