バンダイナムコ×セガ!ライバル同士がタッグを組んだ『ザクセスヘブン』がついに公開


アニメなのかゲームなのか、その正体をめぐって憶測を呼んでいた『ザクセスヘブン』。本日14時、東京・六本木のニコファーレにて、バンダイナムコオンラインとセガネットワークスによる新プロジェクト『ザクセスヘブン』の製作発表会見が行われ、ついにそのベールを脱ぎました。



【動画】https://youtu.be/YienFgy-Ia8


会見では、『ザクセスヘブン』がバンダイナムコオンラインとセガネットワークスが共同開発し、スマートフォンゲームを中心に各種メディアで展開されるメディアミックスプロジェクトとなること、そしてプロジェクトの第1弾として「スマートフォンゲーム初となる本格アニメーションRPG」のリリースが発表されました。



(写真左)バンダイナムコオンライン関口昌隆さん、(右)セガネットワークス岩城農さん

企画・原作は『クロスアンジュ』の古里尚丈さん、そしてキャラクターデザインは『舞-HIME』の久行宏和さん、『機動戦士ガンダムSEED』の平井久司さん、『コードギアス 反逆のルルーシュ』の松井章さんなど5人が名前を連ねる重厚な布陣。プロデューサーの近藤貴浩さんも「これだけのキャラクターデザイナーが一堂に会することは、なかなかない。非常に力の入った作品となっています」と胸を張る異色かつ超豪華なスタッフ陣が揃いました。

作品では近未来の5つの学園を舞台に「ザクセス」と呼ばれる特殊能力を持った若者たちが登場。総勢150人を超えるキャラクターには、1人1人に奥深いバックストーリーが用意され、キャラクター同士の関係性に基づいた物語も楽しめる構成に。CVは前野智昭さん、宮野真守さん、福山潤さん、阿部敦さんなどの実力派声優たちが務めます。会見では凛翔あすか役の前野智昭さんが「バトルアクションだけでなく、各キャラクターの織りなす人間関係も本作の魅力となっているので、ぜひご期待いただければと思います」と見どころを語りました。こうしたキャラクターたちの活躍は、ゲームだけでなく、20本以上のプレミアムアニメーションとしてさまざまな媒体で配信されるそうです。


作品を彩るW主題歌は、i☆Risと夢見るアドレセンスの2組が担当。i☆Risのメンバー6人と、夢見るアドレセンスの志田友美さんは声優としても作品に参加します。志田さんは会見で、自分が演じる紡流こころのコスプレも披露。「(前野さん演じる)凛翔あすかはこころにこころとって"手のかかる子ども"みたいな存在です」と、自分のキャラクターに対する印象を語りました。




バンダイナムコオンラインとセガネットワークスのコラボレーション、アニメ界を代表する豪華クリエイター+キャスト陣、そして人気アイドル2組の主題歌起用など、随所に本作に懸ける並々ならぬ気合が見えた本日の会見。4月25日・26日に開催される「ニコニコ超会議2015」では、さらなる詳細が発表されるそうです。

■参照リンク
ザクセスヘブン公式サイト
http://xuccess-heaven.jp/
続きを読む