井森美幸が明かした「芸能界を生き残るコツ」がネット上で話題に 「説得力が違う」


近頃、その独特なキャラクターと、衰えぬ美貌などからにわかに注目を集めているタレント・井森美幸(46)が、先頃放送されたバラエティ番組の中で発言した内容に、目下ネット上では「さすが」「説得力が違う」と賞賛の声が相次いでいる。



これは3月18日夜に放送された『※AKB調べ』(フジテレビ系)でのことで、この日、土田晃之らと共に出演した井森は、AKBGのメンバーと共に芸能界で生き残ることの厳しさについてざっくばらんなトークを展開。HKT48の指原莉乃から「芸能界で生き残っていくためには何が必要か教えてください」と尋ねられると、「これはね、ブレない、媚びない、すぐ売れない」と、自身の体験を踏まえつつ、その極意についてサラリと伝授した。

こうした井森のコメン トについて、ネット上の視聴者からは「さすがやね」「この人が言うと重みがあるわw」「一緒に出てる若い子たちにはいまいち実感がわかないんだろうな」「なにげに苦労人やし」「説得力が違うな」「ホント、この人はブレなくて好き」「井森って優しいよな」と、彼女の発言に対する賞賛の声が。

1984年、応募総数12万人の中から、第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンにてグランプリを獲得し、アイドル歌手としてデビューするも、低迷期を経験し、その後、バラドルとして再生。以後、現在に至るまで、衰えを感じさせることなくコンスタントに活躍し続けている彼女だけに、その言葉にはなんとも言えぬ説得力が醸し出され ていると言えるだろう。

文・久保田太陽

■参照リンク
井森美幸 プロフィール
http://www.horipro.co.jp/imorimiyuki/
続きを読む