NHKの本気すぎる再現ドラマがネット上で話題に 「想像以上」「本人かと思った」


1995年3月に発生した地下鉄サリン事件が今春で20年目を迎えたことで、各局ともに同事件に関する特集・特番などが組まれ、今なお風化することのないその被害や、関連組織を含めた同団体の近況などについて報じる内容が相次いでいるが、そうした中、NHKがニュース番組の中で紹介した同事件に関する映像が、おもわぬ形で注目を集めている。



これは3月19日にNHKが放送した同事件に関する特集映像の中のひとコマで、その際に、同局は元裁判長の証言によって明らかにされたという、麻原彰晃(松本智津夫)死刑囚が語った言葉を、本人の映像に重ねる形で再現したのだが、映像中で用いられた麻原役のナレーターの声が、あまりに本人のものと似ていたことから、ネット上では瞬く間に「マジで似てる」「あれにはびっくりしたわ」「そういえばこういう声と喋り方だったな」「つか本人かと思ったわ」「想像以上の再現度だった」「すげー似てるわ 誰がやってるんだろう」「オウム番組でもNHKがダントツでクオリティ高かったしな」「全力尽くしすぎやろ」「なぜここまで本気になったのか」といった声が相次いだ。

しばしば報道の現場では、こうした再現系の演出が用いられるが、ここまで本人に似せて、それが視聴者の間で話題となることは極めて珍しいケースであろう。

文・葛西敦規

■参照リンク
NHK 公式サイト
http://www.nhk.or.jp/
続きを読む