スマホでこっそり美女グラビアや女性誌を見まくれて、ムフフと楽しむ方法


株式会社インプレスの「電子書籍ビジネス調査報告書2014」によれば、2014年度の電子書籍市場は前年度に比べて28.3%増加する見込みだという。そんな有望な市場を狙い、楽天やヨドバシカメラなど異業種の参入が相次ぎ、乱立状態というのが実情だ。

そうした中で、ドコモが運営する120誌以上を月額432円で読み放題の「dマガジン」は、業界では異色な存在として注目されている。雑誌は他社の電子書籍サービスと比較した場合、雑誌は"おまけ"として扱われ、そもそも注力されない分野だった。そこを開拓したことで、サービス開始から約半年で100万契約を突破する人気を誇っている。我々一流ネットニュースサイト「AOLニュース」編集部では「dマガジン」を実際に試し、人気の秘密を探ってみた。

雑誌といえば、結局"美女のグラビア"だ。記者も「明日への活力のため」という名目で、「雑誌から選ぶ」から意気揚々と愛読雑誌『FRIDAY』をタップして観覧!


そして目についたのは「柳ゆり菜『無敵のEカップ』」だった。


ページをめくるたびに、たわわな"おっぱい"を手でタップしていると、何だか無性に興奮してくるのは男の性だろう。一部小さいカットもあったため、たまらず見えないものを見ようとして、ズームを繰り返してEカップをじっくりと堪能した。これぞ電子雑誌ならではの醍醐味である。実際の拡大画像は自身で試してみてほしい。

さらに、お目当ての雑誌を「雑誌から選ぶ」から探してもいいが、「記事から選ぶ」を選択すると、ネットでニュース記事を検索するように、ページ単位で注目記事を確認できる。他の電子書籍にはない斬新な手法だけに重宝しそうだ。記者はミス東大のグラビア記事を発見!再びムフフな休息を満喫できた。


気に入ったページは100件までクリッピングできるので、自分だけのコレクションを作り、仕事の合間や移動中に美女との癒しの時間を楽しんでも良いだろう。

さて、もう一つ。購入はもちろん立ち読みさえ恥ずかしい"女性誌"の熟読も可能。種類豊富な女性誌の中から女子たちの間で、何が流行っているのか、女性が"食い付く話題"を探すことができる。ギャル系と仲良くなりたいなら、『Scawaii!』で、今春のトレンドを把握するといった具合だ。
さらに、「ランキング」から記事を検索すれば、女性に人気な記事をすばやく把握できるので、自分好みの子をはじめ、部下や上司、商談先の女性とのコミュニケーションを円滑にするツールとしても役立つに違いない。


「dマガジン」は、本屋で偶然に良い本を見つけたような、あのワクワクした感覚があると同時に、その発見が戦士の休息を鮮やかに彩る可能性を秘めている。しかも、モテる男としての素養を密かに鍛えることもできる。しかも使えるのがドコモが運営するものの、どのキャリアでも使用可能という点。一度その実力を自らの目で確かめてみるのも多いにアリです!
続きを読む