Superfly、約3年ぶりのオリジナルALを5月発売&初のLAレコーディング曲MV公開


Superflyの約3年ぶり、通算5枚目となるオリジナルアルバム『WHITE』が、5月27日(水)にリリースされる。



今回の作品には、テレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』主題歌「愛をからだに吹き込んで」や、映画『闇金ウシジマくんPart2』主題歌「Live」などのタイアップ曲を含む全14曲を収録予定。

中でも、収録曲「A・HA・HA(アハハ)」は2012年に解散した豪ロックバンドJETのメンバー、Chris Cesterによる楽曲で、今年2月に彼の現在の活動拠点であるロサンゼルスでレコーディングされたもの。2007年にSuperfly×JET名義でJETとのコラボ曲「i spy i spy」をオーストラリアでレコーディングして以来、約7年半ぶりの海外レコーディングとなった。歴史あるスタジオ「EASTWEST STUDIOS」でレコーディングされた同曲は、今までのSuperflyのイメージを覆すようなアバンギャルドな楽曲で、ミュージックビデオも公開中だ。

Superfly志帆はニュー・アルバム『WHITE』のコンセプトについて、
「今、私の心の中は、まっさらな白です。その白はどんな色にも染まることができます。このアルバムでは、様々なクリエイターの方々の感性に染まってみようと思います。素晴らしい才能に影響、刺激されて、新たなSuperflyの世界感を作り出せるようなアルバムを作りたいと思います。この作品が作り終わる頃には、どんな色のSuperflyに生まれ変わっているのか、自分自身もとても楽しみです」とコメント。今年4月でデビューから丸8年、常に進化してきたSuperflyが、今作では「変化」を遂げる。

米シンガーソングライターのBonnie McKeeに、椿屋四重奏の元メンバーの中田裕二、HeavenstampのメインソングライターのTomoya.S、BONNIE PINKも参加したニュー・アルバム『WHITE』。リリース後の7月からは、Superfly過去最大規模となる33都市39公演のホールツアーも決定済みだ。

【参照リンク】
・アルバム『WHITE』スペシャル・サイト
http://superfly-white.com/
・Superflyオフィシャル・サイト
http://www.superfly-web.com/
・「A・HA・HA(LA Rec Ver.)Short」 ミュージック・ビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=xuhZROkYQn0 
続きを読む