【WWE】ハルク・ホーガンとスヌープ・ドッグがマッスル・ドッキングして胸アツすぎる



アメリカのみならず世界中で人気のプロレス番組『WWE Raw』で放送された興行「レッスル・マニア」に、スヌープ・ドッグとハルク・ホーガンという超異色タッグが登場! まさかの組み合わせで会場を大いに沸かせた。

https://youtu.be/CejoJK7ONMU


試合直前、リング上で言い争うカーティス・アクセル(人気の若手選手)とスヌープ。「何がスヌープ・マニアだ、ふざけやがって。俺はアクセル・マニアだぞ。誰がホンモノのマニアなのか決めようじゃないか」と正統派カーティスが挑発すれば、口の立つスヌープも「ああ?最近調子に乗ってるピエロ野郎がいるって聞いてたんだけどよ、なんだテメエのことか」と得意のディスりで応戦する。

マイク合戦に会場も実況席も大盛り上がりする中、スヌープが続けざまに言い放つ。「なあおい。アクセル・マニア? スヌープ・マニア? レッスル・マニアだとか能書きがうるせえんだよ。ここでゴチャゴチャくっちゃべっててもいいけどな、お前ホンモノ中のホンモノを忘れてんじゃねえか!?」とスヌープが指差した先には...なんとハルク・ホーガンが!

テーマ曲に乗ってリングに上がると、「おい小僧、俺はレッスル・マニアの歴史を背負ってきた男だぞ! 9万4千人の観客の前でアンドレ・ザ・ジャイアントを倒したのは、まさにこの会場だ。誰がホンモノだと? そんなことはここにいる大勢の"ハルク・マニア"たちが分かってることだ。アクセル・マニアだと? イキがってるんじゃないぞ」と一括し、レジェンドの風格を見せつけた。

このタッグは呼吸もバッチリで、突如仕掛けてきたアクセルをホーガンが返り討ちしたところにスヌープも便乗。2人揃ってのポージングに会場からは大歓声が巻き起こった。
続きを読む