Superfly、「WHITE」&カラフルなニューALジャケットをお披露目


約3年ぶり、通算5枚目のオリジナルアルバム『WHITE』を2015年5月27日(水)にリリースするSuperfly。今年の4月でデビューから8年が経ち、常に進化してきたSuperflyが、今作では「変化」を遂げる。



その「変化」は音源だけではない。ジャケット写真では、アルバムタイトルの『WHITE』さながらに白いウィッグをかぶり、肌も白く塗られた志帆に様々な色でメイクを施し、今までにない大胆で奇抜なデザインに。"今までのSuperflyのスタンダードやカラーを、いったんフラット(WHITE:白)にしたうえで、新たな可能性という名の様々な色を塗り重ねていく"という本作のイメージを強調したという。ジャケットの撮影は5時間ほどで終了し、志帆は塗られていく自分の顔を見て「宇宙だ!!」と話していたそうだ。

以下は、ジャケット撮影を終えた志帆のコメント。

「《色んな色に染まる》をコンセプトに掲げたアルバム、『WHITE』を約1年間かけて制作してきました。今回楽曲制作に協力していただいた方々の音楽的な才能だけでなく、音楽にかける情熱や想いに触れさせていただき、とても濃厚な楽曲たちを作ることができました。自分自身、想像以上に色んな声色を見つけることができ、歌うこと、表現すること、を純粋に楽しめたアルバムになりました。アートワークでも、ウィッグを被りカラフルなメイクを施すというチャレンジをしました。新しいSuperflyに生まれ変わっていくようで、とても楽しかったです。みなさんにも、ポジティブでカラフルな今のSuperflyを楽しんでいただけたら幸いです」



ニュー・アルバム『WHITE』は全14曲入り。テレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』主題歌「愛をからだに吹き込んで」や、今年2月上旬に初のLAレコーディングを敢行した曲「A・HA・HA(アハハ)」なども収録される。

【参照リンク】
・Superflyオフィシャル・サイト
http://www.superfly-web.com/
続きを読む