篠崎愛が援交デリヘル嬢に挑戦して話題に 「想像しただけでヤバい」「レジェンドきた」



昨年公開されて話題となった映画『愛の渦』のように、ここ数年、人気女優やアイドルたちがセクシーな役に体当たりで挑戦し、多くのファンをしばしば驚かせているが、長らく清純派グラドルとして大活躍してきた篠崎愛が、先ごろ出演した映画で援交デリヘル嬢役に挑戦。巷のアイドルファンを騒然とさせている。

https://youtu.be/dG8RmzIzNSQ


これは4月4日から公開されている『東京闇虫パンドラ』で、この中で篠崎は、家出をして援助交際をしている少女の役を熱演。彼女が援交仲間の女子高生からヤクザを紹介されたことをキッカケに、裏社会へと足を踏み入れていく...という内容だが、やはりというかその性質上、過激なシーンが多いということもあって、これを知ったファンからは「マジかよ...」「ついにあのデカ乳が...見るしか!」「やべえこんな映画始まってたのかよ知らんかったわ」「想像しただけでヤバいわ」「これは久々のレジェンド映画やで」と、実に様々な声が巻き起こっている。

なお、先頃、本格的なソロ歌手活動を開始したばかりの篠崎は、同映画の主題歌も担当。4月29日発売の彼女のソロデビューシングルのカップリング曲として収録されているとのことなので、こちらも併せてチェックしたいところだ。

文・久保田太陽

■参照リンク
『東京闇虫パンドラ』公式サイト
http://www.exf.info/tokyoyamimushi-pandora.html
続きを読む