浅田舞が巨乳化した理由を告白しネット上が話題に 「ありがたい」「女体の神秘」


最近ではその持ち前の明るいキャラクターを活かす形で、バラエティなどでも活躍している浅田舞。しかも先日発売された自身初の写真集『舞』では、その美しく艶かしいプロポーションを披露して、世の男性陣の間で大きな話題となるなど、写真集・グラビア方面での活躍にも注目意が集まるが、そうした中、先頃発売された雑誌の対談記事の中で、自らが「巨乳化した理由」について語り、その内容が注目を集めている。



これは4月7日発売の『週刊朝日』(朝日新聞出版)4月17日号でのことで、この中で行われた作家・林真理子氏との対談で彼女は、その美しいプロポーションの秘密について告白。「胸はまったくなかったんですけど、15キロ太ったときについたんです」「一回太らないと、胸は出てこないので」と、その巨乳化が、かつて体験した肥満化による影響であることを明かした。このはからずも飛び出した仰天事実には、対談した林氏も「へーえ、すごい。これ、女性誌で特集を組んでほしいな」と同性として驚きを禁じえなかった様子だが、それを見たファンからも、様々な声が。その後、瞬く間にネット上では「まさに女体の神秘」「なんか妙に納得してもうたわ」「たしかにあの爆乳はかなりのものだからな」「どっちにしたって有難い話だわw」といった声が相次いだ。


無論、今回彼女が話した内容は、あくまで彼女自身の体験に基づくものであって、すべての女性に当てはまるというものではないのかもしれないが、まさに今が旬の彼女から飛び出した驚きの発言だけに、その内容には多くの注目が集まりそうだ。

https://youtu.be/Lt7uZ7Z89E4


文・久保田太陽

■参照リンク
浅田舞 公式twitter
https://twitter.com/asadamai717
続きを読む