『妖怪ウォッチ』の「レア妖怪メダル」がオークションで高値で取引され物議を醸す


レベルファイブの新作発表会「LEVEL5 VISION 2015 -THE BEGINNING-」にて配布された妖怪ウォッチの限定メダル「イナウサメダル」が、オークションで5万円前後の高額で取引され再び物議を呼んでいる。




メディア関係者だけでなく一般ユーザーも抽選で500名参加でき、7月の新シーズンの発表と共に明らかになった新キャラクター、USAピョンとイナホの「イナウサメダル」が会場で配布された。このメダル配布に関してレベルファイブの代表取締役社長、日野晃博氏は、「オークションなどには決して出さないでくださいね」と何度も繰り返していたが当然ながらイベント終了後にはヤフーオークションなどにレアメダルとして登場し、昨日までに一番高いもので5万円から落札されている。

ネット上では「結局金儲けの道具としか思ってないやつが来ていたんだな」「こんなの配るのがそもそもの間違い」「限定商法やめればいい話なのに」や、結局オークションに出されて話題になる、一般発売する、子供が飛びつくという炎上商法なのでは?という厳しい指摘もある。

口約束で「売るなよ」と言ったところで情報を聞きつけた転売屋がメダル欲しさに集まることは予想されているため、「まるで『絶対に押すなよ!』の上島竜兵だな」と冷ややかな声が多い。

https://youtu.be/EmgilzMpUaU


■参照リンク
妖怪ウォッチ 公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/youkai-watch/index2.html
続きを読む