これはスゴい!1300個のルービックキューブで作ったアニメーションが超COOL




ひとつ完成させるだけでも大変なルービックキューブを、約1,300個も使用して制作された壮大なアニメーション動画が話題だ。

https://youtu.be/gNEVOsSA3KQ


YouTubeに映像や音楽をアップして人気を集めているクリエイター「ミステリー・ギター・マン」が、手先が器用なチームメンバーと共に約1,300個のルービックキューブを使って作り上げたのは、「ロボットの宇宙旅行」をテーマにしたという約3分間のアニメ作品。ロケットで宇宙旅行に出かけたロボットが、隕石にぶつかって惑星に不時着陸し、そこでカワイイ女の子ロボットに出会うというストーリーだ。

画面の端には、ひたすらルービックキューブを作ってはデザインを変更していくチームメンバーたちの手と、散乱する多数のルービックキューブなど、このアニメ動画の地道な製作過程を覗くことができる。ミステリー・ギター・マンいわく「1,000回ぐらいルービックキューブを完成させたよ」とのことで、かなり過酷な作業だったことが窺える。

そんな気が遠くなりそうな作業の末に完成したアニメはネット上で注目を集めており、

「スゴすぎる!」
「超カッコいい!」
「ルービックキューブで出来てるなんて信じられない」
「何時間ぐらいかかってるんだろ...」

と世界中から賞賛が送られている。

【参照リンク】
http://www.dailyrecord.co.uk/news/weird-news/watch-charming-robot-love-story-5452618
続きを読む