ラクダを調教した前代未聞の女性の実話がスゴすぎる!『奇跡の2000マイル』予告編



ラクダと愛犬とともに、壮大なオーストラリアの砂漠をひとり横断した女性の実話を描いた感動作『奇跡の2000マイル』予告編が公開された。

https://youtu.be/SY8C4IcVd20


主演は『アリス・イン・ワンダーランド』『永遠の僕たち』のミア・ワシコウスカ。旅の道連れとなる4頭のラクダと愛犬を引き連れて、壮大な旅へと飛び出していく主人公ロビンを演じる。

公開された予告編では、広大な砂漠地帯をひたすらがむしゃらに歩き、美しくも荒々しい大自然と対峙し、また旅の道程での出会いや経験を通し、成長し生まれ変わっていくロビンの姿がみずみずしく描かれていく。波乱と驚きに満ちたこの旅の道程に、彼女はいったい何を見て、どんな経験をするのか――。

本作のもうひとつの主役となるのがラクダと犬だ。ロビンの旅を支える大事な仲間たちだが、彼女にラクダの調教を教えた専門家が「ミアには動物と接する天賦の才能がある。すぐにラクダたちは彼女の命令を聞くようになったからね」と語るとおり、ミア演じるロビンと動物たちの自然なふれあいが予告編でも描き出されている。

『奇跡の2000マイル』は7月18日(土)有楽町スバル座、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

■参照リンク
『奇跡の2000マイル』公式サイト
http://www.kisekino2000mile.com/
続きを読む