殺人デッドボール!福岡SB・スタンリッジの死球が打者・捕手・審判3人全員皆殺し【動画】




5月10日のソフトバンク対楽天戦で、ソフトバンク、スタンリッジの投じたデッドボールが、打席の楽天ペーニャ、味方のキャッチャー鶴岡、さらに杉本球審3人に当たるという珍しいプレイが話題となっている。

https://youtu.be/LXVg5bVacWA


映像で確認すると2回、スタンリッジが、ペーニャの内角に投げたボールが足元をかすめて死球の判定。だが同時にグラブで受ける鶴岡の左腕に命中、さらに後ろのプレートアンパイヤの杉本審判の胸元にも直撃。解説でも「直撃したペーニャは平気な顔をしてますね」という通り、直撃した本人以上に鶴岡捕手と杉本審判の方がダメージが大きく2人ともその場に倒れこんだ。

「今年の年末の珍プレーへのエントリーは確実」とのコメントもあるこのデッドボール、当然記録はペーニャへの死球のみではあるが、ネット上では「当時ダイエー・ホークスの若田部投手の死球が味方の城島捕手と、審判に命中するプレーを思い出したというプレーを思い出した」という意見があるように10数年前にも似たようなプレーがプロ野球であったという指摘もあるが、いずれにしても数年に1回あるかないかの珍しいプレーであるのは確かだ。
続きを読む