『X-MEN』最新作でジェームズ・マカヴォイが「プロフェッサーX」型スキンヘッドに!


『X-MEN:Apocalypse』に出演する、プロフェッサーXことチャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)の若年期を演じていたジェームズ・マカヴォイが役作りのために坊主頭になった姿が公開された。



この画像は、監督のブライアン・シンガーが自身のInstagramに投稿したもので、凛々しい面持ちでメイク中のマカヴォイの横顔が写っている。頭部は綺麗なスキンヘッドになっており、奥にはヘアメイクと思われる男性が慎重に作業をしている姿が。
同シリーズでパトリック・スチュワートが演じたプロフェッサーXは見事なスキンヘッドだったこともあり、前作『ファースト・ジェネレーション』、前々作『X-MEN:フューチャー&パスト』で普通の髪型だったマカヴォイが、新たなステージへ突入した事を裏付ける1枚となっている。

#Xavier reborn (in process ) #jamesmcavoy #XMEN #XMenApocalypse @xmenmovies

Bryan Singerさん(@bryanjaysinger)が投稿した写真 -



『X-MEN: Apocalypse』アメリカでは2016年の5月公開(日本は2016年夏)。

https://youtu.be/tgaQW5UWU2c

■参照リンク
http://www.joblo.com/movie-news/james-mcavoys-professor-x-will-finally-be-bald-in-x-men-apocalypse-149
続きを読む