話題の美人女優・山本舞香に直撃取材 「キル・ビルのユマ・サーマンみたいに暴れたい!」


哀川 翔、芸能生活30周年記念主演最新作にして品川ヒロシ監督最新作『Zアイランド』に出演した女優の山本舞香が、『キル・ビル』(03)のユマ・サーマンや栗山千明のように、ハリウッドのブロックバスター・ムービーで大暴れする女優になりたいという夢を明かした。



本作は、ヤクザや不死身の感染者が入り乱れ、絶海の孤島を舞台に展開する"後戻りなしの超絶アクション・エンタテインメント!"。山本は長く服役していたヤクザの武史(鶴見辰吾)の愛娘・日向役を好演、前科者の父親に会いたくないと家出をしてしまう設定だ。

作品について山本は、「この映画のアクションは、自分でも自信があります(笑)」と太鼓判を押す。「品川監督とキャスト、スタッフさんが本当に一丸となって撮った、いい作品だなって自分でも思いました。だからいっぱいの人たちに観てほしいですね。本当に、いろいろな人たちに観てほしい。そして泣けます。ただ泣けます(笑)」と熱くアピールする。



その品川監督の印象については、「この作品でご一緒するまではお笑い芸人さんとしてのイメージしかなかったけれど、今はわたしにとっては映画監督の品川ヒロシさん、という印象が強いです」と言い、撮影中の胸熱なエピソードも明かす。「少なくともわたしが出ているすべてのシーンでは丁寧で優しかったです。わたしの演技で、撮影現場で泣いてくださったこともありました。本当にうれしかったですね。わたしのほうが泣きそうになりました。そのシーンは――内緒がいいと思いますが、観ればわかると思います(笑)」。

目標とする女優は栗山千明で、ハリウッドで活躍する女優が夢だ。「あこがれますね。日本人でハリウッド映画に出ているかたって。『キル・ビル』(03)の栗山さん。『47RONIN』(13)も観ました。菊地凛子さん、柴咲コウさん。『キル・ビル』(03)大好きなので、ユマ・サーマンになりたいです(笑)」と目を輝かす。期待の17歳の今後も注目だ!




https://youtu.be/Apku2Nxb1Is


映画『Zアイランド』は、2015年5月16日(土)より全国公開

■参照リンク
『Zアイランド』公式サイト
http://www.z-island.jp/
続きを読む