【募集終了】『ハイネケン誘拐の代償』試写会に20組40名様ご招待


1983年に実際に起きた大ビール企業「ハイネケン」の経営者誘拐事件を基に映画化。奪われた身代金の大半の行方が解明されていないなど、多くの謎を残しているこの事件の≪裏≫で、いったい何が起きていたのか?その真相を追ったエミー賞受賞の犯罪ジャーナリスト、ピーター・R・デ・ヴリーズのベストセラー本を基に、誘拐した者・誘拐された者の両者の視点で描き、知られざる真実へと迫っていくサスペンス・ミステリー。 本作の試写会に20組40名様ご招待する。



応募方法は簡単。AOL news公式アカウントをフォローして、


こちらのボタンからツイートするだけ。


試写会詳細は以下のとおり:

日時:6月4日(木) 開場:18:30/開映:19:00
場所:よみうりホール(東京都千代田区)
プレゼント人数:20組40名様


1983年、オランダ・アムステルダム。大ビール企業「ハイネケン」の会長、フレディ・ハイネケンが何者かに誘拐された。世界でも指折りの大富豪であるハイケネンの誘拐は世間を驚かせ、警察も巨大組織による犯行を疑う。しかし誘拐したのは、犯罪経験のない幼なじみの5人の若者だった...。大胆不敵な計画を実行し、史上最高額(当時)の身代金を要求する犯人グループ。すべては上手くいっていたはずの誘拐。ところが、人質であるハイネケンの傲慢な言動に、5人は段々と翻弄され、歯車が狂いだしてゆく......。駆け引き、誤算、落とし穴。誘拐された大富豪と、誘拐した若者たち。追い詰め、追い詰められる男たちが支払う"誘拐の代償"とは――?!

https://youtu.be/7FU1iLMkPag


『ハイネケン誘拐の代償』6月13日より新宿バルト9ほか全国公開
(c) Sofie Silberman 2014 (c) Ben Rothstein 2014


■参照リンク
『ハイネケン誘拐の代償』公式サイト
http://kidnapping.asmik-ace.co.jp
続きを読む