女性からホームランボールを強奪した男、ネット民に名前を特定され大炎上中




5月17日に開催されたフィラデルフィア・フィリーズの試合で、ファールボールを女性ファンから強奪した不届きな男がネット上でプライバシーを特定され、攻撃を受けている。

https://youtu.be/-ZexBHQV2v4


8回、フィリーズのマイケル・フランコの打ったホームランボールを、レフト前列でグローブでキャッチしようとした63歳のフィリーズファン、ジョイス・マーフィー・カイナーさん。残念ながらグローブでキャッチできなかったが、目の前の花壇と客席の間に落ちたため、多くの人がそのボールは彼女のものになることを祝福していた。

しかし、突然大柄な男が横からやってきて、カイナーさんからボールを強奪。力ずくでボールを取り上げた模様はテレビカメラにも映しだされ、中継のFOXのアナウンサーも怒りぎみ。FOXスポーツのスタッフは、うなだれるカイナーさんにTシャツをプレゼントし、慰めたという。

多くの視聴者も怒りを覚えたというこのシーンだが、このボール強奪男、よせばいいのに後日、自身のフェイスブックにボールを自慢げに持った写真を投稿したため素性がばれてしまい名前がジム・ベルゲンであることが判明。ネット上では「ジム・ベルゲン絶対に許さない!」と絶賛炎上中とのことだ。

その後カイナーさんは「気の毒なファンのおばさん」と話題になったことから、フィリーズの試合の最前列のチケットや、宝石店からペンダントをプレゼントして貰ったり、それなりに恩恵もあったようだが、我々も関係ないけど敢えて言っておこう。「おいジム・ベルゲン!絶対に許さない!」
続きを読む