日本ハム・大谷翔平が片手で軽くバックスクリーン弾!二刀流だからこそ打てた一撃【動画】




5月19日の仙台での楽天戦で、日本ハムの大谷翔平が今季3号のホームランをバックスクリーンに放った。6戦全勝と投手としての注目度が高まっているタイミングで、しかも片手で放り込んだ一発は、「やはり大谷は二刀流でなくては」と思わせるものだ。

https://youtu.be/esV_pOb5tu4


毎度の事だが「二刀流議論」は大谷が存在する限り永遠のテーマだ。海外版2ちゃんねる<Reddit>MLB関連スレッドでも、海外の大谷翔平のウォッチャーが日本の若き才能について議論が白熱しており、常に出るのは「大谷はMLBでも二刀流で勝負できるのか?」である。

海外の野球ファンのコメントでは「切れの良いスライダーが最大の武器だ。まだ20歳」「10年に1人とも思える才能のあるピッチャーだ」「カーブの切れが半端ねえ」など勿論大谷を「才能あるピッチャー」として評価する一方で、「いいバッターであることは間違いないんだけど」「もちろんバッティングに魅力がないわけじゃないけど」とやや歯切れが悪いのも事実だ。

日本でも「そろそろ投手に絞ったら?」と余計なお世話な意見が出始めた、そんなタイミングでのこの技アリの片手ホームラン。アメリカの野球ファンには是非大谷のバッティング、そしてMLBでの二刀流挑戦へも是非注目して欲しいところだ。

なお、パリーグ公式では、今シーズンの大谷の3本のホームランをまとめて紹介している。
続きを読む