TBS『天皇の料理番』エロすぎる女将・高岡早紀の大胆な誘惑&挑発シーンに男性視聴者が熱視線


近頃は10代・20代の若手アイドルのみならず、かつて一斉を風靡したアラサー&アラフォーアイドル・女優の美魔女系芸能人が話題となることもしばしばだが、このほど、TBS系で現在放送中の話題のドラマ『天皇の料理番』に、女優・高岡早紀(42)が登場。その実に艶かしい演技が、早くも男性視聴者の間で注目を集めている。




これはTBSテレビの60周年特別企画として4月から放送されている同ドラマの第5話が放送された5月24日、人気俳優・佐藤健演じる主人公・秋山篤蔵が転がり込んだ市井の洋食店『バンザイ軒』の女将・森田梅役で登場した高岡は、浮気がちな夫の留守中に若い新入りコックとして働きはじめた篤蔵を誘惑。着崩した着物から白い肩を大胆に露出したり、昼休中の食堂の中で積極的に迫って着物を脱がしにかかったりと、大胆極まりないアプローチぶりを好演。その妖艶な人妻姿に、テレビの前の男性視聴者からは瞬く間に興奮気味の声が相次いでいる。
今後も彼女ならではの好演ぶりに、さらなる注目が集まりそうな気配だ。

文・久保田太陽

https://youtu.be/3pu-GkSiUU8


https://youtu.be/jswezWphSYg


■参照リンク
『天皇の料理番』
http://www.tbs.co.jp/tenno_no_ryoriban/
続きを読む