BABYMETALの海外向けインタビューが自由すぎると話題に メタルレジェンドについても言及


BABYMETALが、日本のカルチャーを世界に伝える英語メディア「MTV81」の取材に答えたインタビューが話題となっている。



「ギミー・チョコ!」のPVの大きな反響がグローバル展開のキッカケとなったことについてSU-METALは「YouTube上のコメントが色々な国の言語で書かれていて驚いた。実際ツアーにでて日本語の歌を学んで一緒に歌ってくれ嬉かった」と海外ファンのリアクションへの喜びを語った。

また「昨年のワールドツアーで楽しかったことは?」という質問にYUIMETALは「ドイツでケルン大聖堂の尖塔を上がったこと、カリフォルニアのユニバーサル・スタジオに行ったこと」、MOAMETALは「テレビでしか見たことのない風景とあとホールフーズ(アメリカの高級スーパー)のサラダバーは凄く美味しい。アメリカツアーの度に行ってました」、SU-METALは「空港での出待ちは信じられなかった。歩いていてBABYMETALと話しかけられることも日本では考えられないことなので」とコメント。

フェスなどで同じステージに立ったアンスラックス、メタリカ、スレイヤーのようなメタルレジェンドとの出会いについての質問には、カーク・ハメットに私服で会ったエピソードや「実際メタリカのコンサートをみて彼の二面性のギャップを感じた」ことやアンスラックスのメンバーに手を振ったらメンバーが思い出してくれた思い出などを語り「レジェンドたちからは直接なにか教えてもらうことは無かったけれどショウをみて色々学ぶことが多かった」と語っている。
YUIMETALは「ショウのときに舌を突き出すスレイヤーがカッコよかった。私はライブでそれを真似してみようと思っている」とケリー・キングのパフォーマンスにインスパイヤされたライブでの舌だしの裏話など予想外のコメントが色々と飛び出している。

また、「今後のツアーで会いたいレジェンドは?」という質問にSU-METALが「葉加瀬太郎と共演したい」と語っている。

ネット上でも「日本向けより自由な発言が多い」とファンからも好評なインタビューでの3人の発言だが、確かに日本のとかく発言が規制されたり、カットされることの多い取材と比べても、海外でで伸び伸びと発言しているBABYMETALの違った一面を知ることのできる内容となっている。



【参照リンク】
http://www.mtv81.com/
続きを読む