ワンコにカメラを装着したら・・・ワンコ目線の可愛すぎる写真がたくさん撮れた!



「犬にカメラ装着してみた」というコンセプトの海外CMが「かわいすぎる」と話題になっている。

https://www.youtube.com/watch?v=5a6fd-wvIdw


<ニコン・アジア>が開発したのは、犬が興奮して心拍数が上がる瞬間をセンサー感知して、自動的にシャッターを切ることができる特別カメラ。そのCMに登場するのは"犬カメラマン"ことグリズラーちゃんだ。

カメラを胸元に装着したグリズラーちゃんが散歩に出かけると、たくさんの犬目線の写真が撮れた。玄関先のビーチサンダル、車のトランクに積まれた缶詰、窓際の猫、途中で出会った友達、公園で子どもが遊ぶ遊具、きれいな花、木の根元に生えるキノコ、青空と白い雲、階段、ドッグフードの残り、水槽のカニ、亀や鳩などの動物たち...。

犬たちはこんな風景を見て、胸をときめかせたり、興奮したりしているようだ。こうして、グリズラーちゃんは「フォトグラファー(Photographer)」ならぬ「フォ"ドッグ"ラファー(Phodographer)」になった。

犬のカメラマンが素敵な写真の数々を撮影するCMは、ネット上で「可愛い!」「素晴らしいアイデア!」「猫用カメラも開発してほしいw」と世界中から注目を集めているが、中には「インチキだ」「プロの人間が撮ってるわ」「0:56に車のバンパーに人間が写り込んでるし」と、撮影の裏側について冷静に指摘する人もいる。

【参照リンク】
・Heartography, Photography Straight From the Heart
https://www.youtube.com/watch?v=5a6fd-wvIdw
続きを読む