『マッド・マックス』トム・ハーディが断言!「ジョージ・ミラー監督はイカれてる」




オーストラリア出身、元医者という異色な経歴を持つジョージ・ミラー監督が満を持して世に打ち出した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。海外では既に大ヒット公開中、日本では6月20日より公開となる本作を前に、ミラー監督のもの凄さが垣間見える特別映像が解禁となった。

https://youtu.be/b1H7gk4WHMw


12年の歳月を費やし、アフリカのナミビア砂漠で半年以上の撮影期間で完成した、ジョージ・ミラーの妥協なき世界。今回、監督の8年振りの来日を記念し、トム・ハーディ、シャーリーズ・セロンらを始めとするキャストたち、監督自らが語る特別映像が解禁に。

「斬新なカーチェイス映画を生んだジョージ・ミラーが再び世界を震わせた」と語るのは、主人公マックス役をつとめるトム・ハーディだ。「ジョージが新たに創り上げた世界では、想像を超えた体験が待っている」と微笑むのは、反逆の女戦士フュリオサを演じきったシャーリーズ・セロン。全身白塗りのニュークスを体現したニコラス・ホルトは、「監督のこだわりが詰まった映画」だと断言。捕らわれの女たち"ワイブス"のリーダー、スプレンディド役ロージー・ハンティントン・ホワイトリーは、「映画界の名匠が描く世界に6ヶ月間も浸って幸せだった」と振り返る。



キャストたちに慕われるミラー監督は、本作の着想について「約12年前、ロスからシドニーへの機内で、突然この映画の構想が浮かんだ」と語る。そして、飛行機がシドニーに到着するまでに、「マッドマックスの再起動を決意」していた。「今なら最新技術を利用し、本物の人と車で混沌とした世界を描ける」と確信した監督は、一切ブレのないクリエイター・マインドで映画化へと突き進んだ。

現場で監督から「運転できるのは?」と問われているのは、レニー・クラビッツの娘で、ワイブスの1人、トースト役のゾーイ・クラビッツ。「ジョージは天才よ。全身全霊でとことんこだわるの」と、砂漠での過酷な現場を振り返る。35年以上のつきあいになるプロデューサーのダグ・ミッチェルは、「彼は一度も楽な道を選んだことがない」と断言、その揺るぎないクリエイターとしてのブレない資質を讃える。

逆さ吊りにされ、地面すれすれの撮影シーンに挑まされたトム・ハーディは、「ジョージが僕らにやらせることはイカれてる。でも出来上がりは最高だ」と真顔で答える。「彼は車を横転させ、爆破し、あり得ない高さまで僕らを吊り上げる。彼はそれを半年間、妥協せずに続けた」。確かに、完成した本編映像のスリルに満ちたシーンを見れば、ハーデイの言葉に誰もが納得するはずだ。

6月4日にはジョージ・ミラー監督が、約8年振りとなる来日を予定。ジャパンプレミアに降臨し、翌日には記者会見に臨む予定だ。

世界40ヵ国で初登場1位を記録、全世界興収No.1となる大ヒットを記録した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。公開まで間もなくだ。

https://youtu.be/zenRD8CNaJ0


『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は6月20日(土)、新宿ピカデリー・丸の内ピカデリー他2D/3D & IMAX3D 公開

(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

■参照リンク
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』公式サイト
http://www.madmax-movie.jp/
続きを読む