獰猛なワニ軍団がいる池の上をパンツ一丁でエサの肉をつけて綱渡り!【動画】



メンバーが次々と奇想天外のイタズラに挑む『ジャッカス』軍団。『ジャッカス・ザ・ムービー』(2002年)でスティーヴォーが見せたチャレンジは、見ているこっちまでハラハラドキドキの連続だ。

https://youtu.be/LWWG1eKmylY


こちらは「パンツ一丁のスティーヴォーが動物の肉を腰にくくり付け、獰猛なアリゲーター集団に差し出す」というもの。

アリゲーターまみれの池。その上に張られたロープを恐る恐る進もうとするスティーヴォーに対し、隊長ジョニー・ノックスヴィルが「スティーヴォー、"失敗"なんてありえないからな」とハッパをかける。だが次の瞬間、つかんでいた枝が折れ、スティーヴォーは池の中へ...。

今度はロープにぶら下がりながら進むことにしたスティーヴォー。落とした肉も再び、腰に。そんな彼に向かって、ジャッカス集団は「行くんだ!」とけしかけ、アリゲーターがスティーヴォー(の腰に付いた肉)に食らいつこうとするたびに、歓声があがる。

「頭をあげろ!」とアドバイスされたのもつかの間、スティーヴォーは再び落下。肉を奪うのを待つだけにしたところ、アリゲーターが食らいつき、ミッション終了となった。

爆笑するジャッカス集団とは対照的に、恐怖から解放されて全力で逃げ出すスティーヴォー。だが逃げ出した先(コンクリートの陸地)にも別のアリゲーターがいるという、まさかの展開が彼を待っているのだった...。
続きを読む