【ハロプロNEWS】小関舞の英語事情、工藤遥のコーヒー論、室田瑞希の恋のお相手とは


数多くの逸材を抱えるハロー!プロジェクト。今週もさまざまな動きがあったわけだが、その中から選りすぐりの「どぅーでもいい」ニュースを紹介したい。一切生活の役には立たないが「どぅーでもいいわ!」と思わず言ってしまうような出来事が目白押し。小関舞の英語事情や、工藤遥のコーヒー論、そして栄えある第一位に輝くのは一体どのニュースなのか? というわけで、今週のハロプロどぅーでもいいニュースをお伝えします。



<第5位>
小関舞(カントリー・ガールズ)、最近覚えた英語の未来形を使いこなす

5月31日に放送された「カントリー・ガールズの只今ラジオ放送中!!」(ラジオ日本)から。この日は小関と山木梨沙による二人だけの放送であった。今年の上半期の出来事を振り返りつつ、山木から「やり残したことはないの?」と訊ねられた小関は「そうだね、まあ、小関はいつでも完璧だから。やり残したことはないよ」と即答。さらに「ウィル、ウィル。ウィルなの」と、最近学校で覚えた英語の未来形を披露。西暦2002年生まれならではの発展途上力を見せつけた。

このグローバル社会において、必須とも言える英語の学習。「ウィル」という未来形を口にするあたり、過去を超えるために未来を見つめるハロー!プロジェクトのイズムを感じさせる発言だ。そう思わせながらも「たぶんもう、三単現のsとか忘れてるんだろうなあ」と感じさせる抜群の不安さも小関舞は持ち合わせている。今後の日本社会の英語教育を考えるうえでも、これからの彼女の英語学習については追いかけてみたいところだろう。

<第4位>
工藤遥(モーニング娘。'15)、まだブラックコーヒーは早すぎることが判明

6月3日から放送された「JAPAN ハロプロ NETWORK」(JFN)から。毎回ハロー!プロジェクトから様々なメンバーが出演する番組だが、この日は工藤のほかに宮本佳林(Juice=Juice)と稲場愛香(カントリー・ガールズ)も出演。宮本が出身地である千葉県の名物、甘すぎるコーヒーとして知られるマックスコーヒーを二人に飲ませたのだが、「すごく甘い」というフリにも関わらず、工藤は「え、甘い?」「普通じゃない?」と発言。お子様すぎる味覚が図らずも露になる形となった。

なおマックスコーヒーを紹介した宮本自身は、コーヒーはいつもブラック派であることを表明。それを聞きながら素知らぬ反応を見せていた工藤だったが、内心では「やばい! はる、ブラックコーヒーなんて苦くて飲めないよ〜!」と焦っていたことは確実だろう。かつてテレビ番組でドッキリを仕掛けられた際には「真面目にお仕事してるのに!」と号泣した工藤だけに、ブラックコーヒーを飲んだらその苦さに対して怒りながら号泣する姿は容易に想像がつく。コーヒーの原産地であるブラジルの批判をして国際問題に発展するというのもない話ではないだろうから、今後のマネージメントにも注意を向けておきたいところだ。

<第3位>
室田瑞希(アンジュルム)、メンバーから恋愛のアドバイスを受ける

本人のブログで明らかになった情報である。

鞘師里保さんといつか、、、 室田瑞希
http://ameblo.jp/angerme-ss-shin/entry-12034533065.htmll

おいおい、アイドルが恋愛? と不安になってしまう方も多いと思うが、ご安心めされ、その恋のお相手とはモーニング娘。'15の鞘師里保のことである。少女の憧れは、たやすく恋に発展するものだ。同じアンジュルムのメンバーである勝田里奈から「りほちゃんにもっと自分からいきなよー」など色んなことをアドバイスされたそうで、お前たちはどんな話を普段からしてるんだ、と突っ込みつつも、想像するだけで非常に微笑ましい光景である。

この記事の最後には「私の好きなもんじゃを一緒に食べて、お好み焼きを鞘師さんと一緒につくりたいです!」と鞘師に対してのラブコールを表明。この二人の恋の進展については、今後も何か進捗があり次第お伝えしたい。なお今週は、室田が毎回ブログの最後に「ばいばいりえわに!」と書いている謎のフレーズが「ばいばい」と、クロコダイル属に分類されるワニの一種「イリエワニ」とのマッシュアップであったことも明らかに。室田と鞘師との恋のマッシュアップは果たしてどうなることか、見守っていきたいところだ。

<第2位>
嗣永桃子(カントリー・ガールズ)、ラーメン評論家の石神秀幸氏を慰める

ラーメン評論家、石神秀幸氏本人のツイートで発覚。「某バラエティ番組で何も喋る事が出来ず地蔵と化してしまい、傷心で楽屋に戻ったところ、一緒に出演したカントリーガールズ兼Berryz工房の嗣永桃子さん(ももち)がサイン入りのDVDをくれて慰めてくれました!なんてエエ子なんや〜(^^)」とツイートした。

そうか、石神秀幸さんもバラエティで喋れなかったら落ち込むんだなあ、という新鮮な驚きとともに、それを見逃さずに自分のチャンスへと繋げるさすがの嗣永プロ。合コン好きとして知られる石神氏だけに心配してしまう向きもいるかもしれないが、彼女なら合コンの誘いなどは華麗にスルーしてくれることだろう。今後、嗣永とバラエティで共演したタレントが喋らない姿を目にしたら、ああそうか、このタレントさんは収録後にももちから慰めされようとしているのだな、と推測することも出来る。新たなヲタ判定キットが誕生した瞬間であった。

石神秀幸氏によるツイート:


<第1位>
岡井千聖(℃-ute)、コンサートのグッズ物販に潜入するもファンからは塩対応

来週横浜アリーナ公演を控えている℃-ute。そんな大舞台を前にして、ハロー!プロジェクトのYouTube番組「ハロ!ステ」の一企画としてコンサートの開演前にグッズ物販売り場に潜入することを指令された岡井千聖。「歌ってみた」や「踊ってみた」を超えた「グッズ売り場に潜入してみた」として、新たなウェブ配信のあり方を世間に向けて問いかけたわけだが「ハロ!ステ」での紹介のされ方が最後の「おまけ」として、という雑なやられ方が実に岡井ちゃんらしい。

自分には「オーラがある」からすぐに気付かれると事前に言っていた岡井ちゃんであったが、当然のように誰にも気付かれず、ファンから見事な塩対応を受け続ける始末。変装用のカツラやマスクを外しても誰からも反応されないという辺りはさすがという他ない。その言い訳としてコンサート中に「岡井ファンはグッズを買わない」と結論づけるあたりも実に人間らしい。だがそういった、ファンに与える親近感こそが岡井千聖という人間の最大の武器でもある。そんな彼女がステージに立てば圧倒的なパフォーマンスを見せてくれるわけだから、6月11日(木)に横浜アリーナで行われるコンサートには、何があっても足を運ばなくてはならないだろう。

【ハロ!ステ#120】(45分25秒から)
https://youtu.be/-lcFepEEpxQ?t=45m25s


以上、今週のハロー!プロジェクトの動きの中から「どぅーでもいい」ニュースだけを選りすぐりでお届けしました。

文・相沢直

■参照リンク
ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
http://www.helloproject.com/
続きを読む