『水曜歌謡祭』ソプラノ歌手岡本知高のド派手衣装が話題「ラスボスw」「北斗の拳キャラ」


歌手・森高千里が初めて歌番組の司会を勤め、すべて「生」で放送されることなどからも現在注目を集めているフジテレビ系の歌番組『水曜歌謡祭』が放送された6月10日、ネット上では、はからずも実に意外な部分に、視聴者からの大きな注目が集まった。


この日はMCの森高千里&渡部建(アンジャッシュ)はもちろんのこと、Flower・安倍なつみ・岡本知高・小野正利・クリ ス・ハート・小柳ルミ子・田島貴男(ORIGINAL LOVE)・チェリッシュ・広瀬香美・増田貴久(NEWS)・モーニング娘。'15・ももいろクローバーZら、いつも以上に豪華な顔ぶれが登場していたが、その番組冒頭、男性ソプラノ歌手の岡本知高が登場。バージンロードを歩く渡部&久本雅美ペアをバックに、結婚行進曲をアレンジした『しあわせのリズム』を熱唱、その美声を披露したが、その頃、ネット上の視聴者からは、あまりにド派手な岡本の衣装に注目し、「安定のゴージャスぶりwwww」「なんのラスボスだよw」「紅白仕様かと思った」「なんか北斗の拳のボスキャラとかみたいやなwww」といったツッコミを入れる声が相次いだ。
岡本といえば、以前から RPGのボスキャラも真っ青なそのゴージャスすぎる衣装が話題となることもしばしばであるが、もちろん、そんな彼の魅力はなんと言ってもその美声。これからもその美声とインパクトのあるビジュアルで、多くの観客を沸かせ続けて頂きたいものである。

文・福原優也



■参照リンク
・岡本知高 公式サイト
http://www.okamototomotaka.com/
・「水曜歌謡祭」公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/kayosai/index.html
続きを読む