おのののかは「無意識に男性から避けられる人?」 長すぎるメールがネット上で話題に


タレントのおのののかが、10日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で脳科学者の澤口俊之先生から「最悪」「うざったい」と批判され、号泣した。



番組では、複数のテーマで作成したメールの文面から「無意識に男性から避けられる人」を診断した。

おのののかは、「母親への感謝のメール」で長文のメールを発表。感謝の内容を具体的に記述したのだと説明したが、明石家さんまから「遺書か!これは!」とツッコまれた。

澤口先生によると、「母親への感謝のメール」からは、母親に甘えられる文章かどうかが分かるという。「甘え」というのは短い文章で表せるため、長文のメールは逆に「甘えられない」、つまり信頼関係が薄いことを示すのだとか。

澤口先生は「無意識に男性から避けられる人」におのののかを選び、「最悪ですよね」とバッサリ。「今までこういうことを言ったことがなかったか、こう言わないとマズいのか、心の距離は短いかもしれないけど甘えてない。信頼関係あるんですか?」と母親との関係を心配した。

すると、この言葉がショックだったのか、おのののかは声を震わせて「お母さんとめっちゃ仲良いのに...」と話し、号泣。澤口先生は慌てて「お母さんから避けられるじゃなくて、男性から避けられる人!」と企画の意図を説明したが、涙が止まらないおのののかは「もうわけ分からない」と混乱した。

澤口先生によると、長文の感謝メールは感謝の押し売りに見えてしまい、男性的にはうざったい印象を与えるそう。澤口先生は「こんな感じでこられたら、もううざったいっていうか」と続けると、おのののかも苦笑していた。



■参照リンク
おのののか オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/ohhag-inu/
続きを読む