台湾で発見された謎の生物がキモすぎると話題に【動画】



台湾で発見された緑色のリボン状をした謎の生物が「キモすぎる!」と話題になっている。

https://www.youtube.com/watch?v=vLB5rnw5CI0


台湾の澎湖諸島で、漁師のウェイ・チェン・ジエンさんによって謎の生物が捕獲された。それは緑色のリボン状の虫のような生物で、さらにピンク色の触覚のようなものが体内から長く飛び出ている。

ワカメのような鮮やかな緑色をした長いヌメヌメの生き物が、ヘビのようにピンクの器官をペロペロと出しながらクネクネと進む様子は、猛烈に気持ち悪いとしか言いようがない...。

英<テレグラフ>によると、これは「ヒモムシ」と呼ばれる紐形動物だと考えられており、ピンク色のヒモのような部分はエサを捕食するための付属器官のようだ。普段は海中で生息しているが、陸に上がってくることもあるとか。

米<UPI通信社>によると、ヒモムシの体長は平均で7.9インチ(約20センチメートル)らしいので、釣り竿が2~3フィート(約60~90センチ)と考えると、今回捕獲されたヒモムシはかなりの巨大サイズだとわかる。

ヒモムシの種類は合計1000種以上あり、様々な色のバリエーションがあり、石の下、砂地、淡水、海水、陸地など、あらゆる場所に生息しているとのこと。ちなみに、1864年にイギリスで180フィート(約54メートル)を超える最長のヒモムシが存在したというギネス世界記録が残っている。

この悪夢のようなキモすぎる生物に、ネット上では、

「信じられない...初めて見たわ」
「気味悪いけど、興味深い...」
「悪夢に出てくる突然変異体の虫みたいだ」
「エイリアンがやってきた!」
「ただの虫だよ?」

と、世界中から驚きの声が集まっている。

【参照リンク】
・Freaky Green Ribbon Worm Captures And Terrifies Our Heart [VIDEO]
http://www.msn.com/en-us/news/other/freaky-green-ribbon-worm-captures-and-terrifies-our-heart-video/ar-BBkOlk7
続きを読む