「ラグビー界の女神」が鼻を折り流血しながら闘う!「これが女子ラグビーよ」




ミズーリ州リンデンウッド大学の学生ジョージア・ペイジが試合中、鼻血を出してもプレイを続行する姿が「美しすぎる」と話題を呼んでいる。

https://youtu.be/bmBrTouV8i0


ジョージアは先日行われた試合中、最初のタックルで鼻の骨を折るという大けが。その時のことをジョージアは後に、「地面に倒れたのは覚えてるの。そして『オーマイガッ、鼻が片方に寄っちゃってる』って心の中で呟いたこともね」と語っている。

しかしジョージアは立ち上がり、まさかのプレイ続行。鼻血を流しながらフィールドを走る彼女の姿は、まさに「ラグビー界の女神」という異名にふさわしいものであった。



USA Sevens Rugby公式ツイッターもすぐさまこの雄姿をツイート。「ラグビー界の闘いの女神」と称賛している。


当然のごとく、この時の動画はネット上を席巻。この現象にジョージアは、「私をきっかけに女子ラグビーが知られるようになってくれるのは嬉しい(笑)」とコメントしている。



■参照リンク
http://www.buzzfeed.com/
続きを読む