おのののか、ラジオでセクシーすぎるあえぎ声&イキ声を披露、男子リスナーが大興奮



6月11日深夜に放送されたTBSラジオ『おぎやはぎのメガネびいき』のポットキャスト版で、ゲストに来ていたおのののかが、放送中にあえぎ声を披露し、話題を呼んでいる。

この日、本放送では毎年恒例の「アイドル妄想総選挙」を開催、見事HKT48の指原莉乃がV3を達成した。この本放送の後に収録されたポットキャストでは、ゲストのケンドー・コバヤシのほか、おのののか(8位にランクイン)、タレントの野呂佳代(圏外)も引き続き参加、本放送を超える下ネタトークを繰り広げた。



最初はこの企画にドン引きしていたおのだったが、本放送を終えた後には、「自分が"ヤリ7"に入れなかったことは正直悔しい」と本音を吐露。矢作も「こっから1年あるから頑張れるよ」と今後のエロ路線についてアドバイスした。だが、本当に悔しかったのか、おぎやはぎの無茶ぶりも手伝い、エロリクエストにどんどん挑戦していくおの。
終いには、矢作が「"ダイナマイト・エクスタシー"もできるんじゃないかな?」とふるまでに。この企画は、夜の行為を想像し、矢作が声を出すタイミングで一緒に声を合わせ、お互いに声を掛け合いながら一緒に呼吸を合わせてイク演技をする企画である。過去は小木が優勝、その他、橋本マナミ、菊池亜美、原幹恵、など錚々たるメンツが参加した。

おのは、同じグラビアタレントが挑戦していることを知り闘争心に火が付いたのか、「前向きにやりたいです」と参戦。スタジオが盛り上がる中、矢作が「あーあーやばい、あーやばい」と言うと、おのが「えっ?あ、ヤバい。ちょっと待って」と色っぽい声で応戦、「あーもうイキそう」(矢作)、「え、ちょっと待って、早い早い」(おの)、「もうイッちゃうよ!」(矢作)、「え、待って待って、あっあっあーっつ!」(おの)と、セクシー女優さながらのあえぎ声を披露したのだ!
これにはスタジオの男性陣は大爆笑&大興奮で、「おのさん!いいな!!」(ケンコバ)、「素晴らしい!凄いよ」(小木)と褒め称え、相手役の矢作はおのの声があまりに可愛くて「良くてイッちゃったよ!」と言うと、おのが照れた声で、「間に合わなかった。イケなかった」とタイミングが合わなかったことを残念がるにまで。これにはリスナーも大興奮で、「めっちゃリアル!!」「おのののかの喘ぎ声最高!」「こんなことをしてくれるおのちゃん、、」「神回すぎる」「これはラジオじゃないと興奮しないね」「保存級」と大絶賛。

本ポットキャストは、期間限定で視聴できるので、是非この体当たり演技を聞いてもらいたい。





■参照リンク
『おぎやはぎのメガネびいき』
http://www.tbsradio.jp/category/page/megane.html
続きを読む