人気バンド「ファイブ・セカンズ・オブ・サマー」メンバーにセットの炎が引火して炎上!




ロンドンで6月13日に行われていたロックバンド、ファイブ・セカンズ・オブ・サマーのライヴ中に、メンバーがステージの激しすぎる花火で大やけどを負いショーが途中で中止となった。



ウェンブリー・アリーナでのライヴで、ステージ前に設置された激しく炎が噴出する仕掛けの前でパフォーマンスしていたギター/ヴォーカルのマイケル・クリフォードの頭部に引火、煙が噴出し、ファンから悲鳴が上がった。

演奏の途中でメンバーが火傷を負う負傷を負ったことで会場に動揺が起きたまま、ステージは中段、ドラムのアシュトン・アーウィンがアンコールを中止しライブはそのまま終了した。

その後マイケル・クリフォードはツイッター上に、顔半分を包帯に覆った痛々しい姿でコメント。ライブを最後まで行えなかったことを謝罪している。

続きを読む