イケメン俳優・窪田正孝の「愛するモノ」がネット上で話題に 「意外とタモリ倶楽部属性」


人というものは、その外見などからは想像もつかないような意外な一面を持っているものだが、昨日6月15日夜に放送された日本テレビ系のトークバラエティ『しゃべくり007』に、若手人気俳優・窪田正孝が出演。あまりに想像もつかないような実に意外な「あるもの」へのこだわりについて語り、視聴者の間で注目を集めている。



この日、1組目のトークゲストとして登場した窪田は、その持ち味としてファンの間で親しまれている、身振り手振りを交えたおなじみの丁寧な物腰で、レギュラーメンバーとのトークを展開していたが、その後、番組では「意外な一面」として、彼が工業高校機械科の出身で、ガソリンスタンドでバイトしていたことなどを紹介。さらには「俺の愛するモノ」として「六角穴付きネジ」を挙げ、その魅力についてコメントを求められると、「本当のことを言うとネジ全般が好きなんです。ボルトとか。今このスタジオも、支えているのは、ネジと溶接なんですよ。わかりますか?」と切り出し、「見えない所で本当に支えているっ ていう。ああいうのとかがスゴく好きなんです」と熱っぽく語った。

窪田から突然飛び出したこの「ネジ愛」トークに、これを観た視聴者からは「仲間だwwwなんかめっちゃ嬉しいww」「半沢直樹思い出した」「意外とタモリ倶楽部属性なんだな」「俺的には好感度あがった」と様々な声が。とかく、人のこだわりというものは、別の誰かから見ると、なかなか理解しづらいものも少なくないが、どうやらこの窪田の「ネジ愛」については、思いのほか同好の志がいたようである。

文・福原優也



■参照リンク
・窪田正孝 プロフィール
http://www.stardust.co.jp/section3/profile/kubotamasataka.html
・『しゃべくり007』公式サイト
http://www.ntv.co.jp/007/
続きを読む