唐沢寿明主演『THE LAST COP』が「トイ・ストーリーのウッディすぎる」とネット上で話題に


「日テレ×hulu」共同制作ドラマとして6月19日に『金曜ロードSHOW!』枠で放映された『THE LAST COP』で主演した唐沢寿明の演技が「トイ・ストーリー」の吹き替えにしか聞こえないというネット上次々と書き込まれ話題となっている。



海外作品のリメイク作『THE LASTCOP』は、30年前の職務中の事故で昏睡状態だった唐沢演じる警官、京極が突然目を覚ますと、世の中が一変、22歳だった自分は52歳に、家族は新たな所帯を持ち・・・といった悲哀もはらんだ内容。

一方で斉藤由貴が「スケバン刑事」をやっていた時代から一気にスマホやコンピューター全盛の現代へと浦島太郎状態になった様をコミカルに描いており、若手の同僚警官演じる窪田正考とのジェネレーション・ギャップありまくりのバディものの側面など色々と突っ込みどころ満載のストーリーだが、その内容そっちのけで番組放映時に最もネット上でつぶやかれたのは「唐沢の声を聞いてトイストーリーのウッディにしか聞こえねえ」「お姉ちゃんがウッディってずっと言ってるw」「何を話してもウッディ」と唐沢の声が吹き替えを担当した「トイストーリー」のキャラクターにしか聞こえないという声。殆どの場面が唐沢の出演シーンということもあり、番組放送から最後ま「ウッディっ」という言葉がツイート上に並ぶ異常事態となった。

テレビ放映は今回放映された「episode1」。続きはネットで-と、この続きはHuluで毎週配信されることとなっており、TVとネットの融合も大掛かりに試みた意欲作としても注目だが、唐沢本人もアニメの吹き替えのキャラの名前を連呼されるという意外なネットでの反応は予想できなかっただろう。



【参照リンク】
http://www.ntv.co.jp/lastcop/
続きを読む