もうすぐ全米公開『アントマン』最新情報 一工夫ありなポスターがカッコよすぎる!


いよいよ『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の日本公開(7月4日)にむけて、盛り上がってきました!そしてアメリカでは『アントマン』(7月17日全米公開)にむけて盛り上がってきました!マーベルの公式サイトでは、大量にスチル写真が公開され、また素敵な公式サイトもオープンです。

そしてこのような『アベンジャーズ』ならではのヒーローたちとコラボした技あり!なポスターも公開!






アントマンとは、体を縮小できる技術を発明した天才科学者ピム博士が、その装置を使ってミニ人間になり、特殊スーツを着て活躍するヒーロー物です。瞬時に体のサイズを変えたり、また縮小しても身体能力は通常時のまま(=スーツのおかげで、常人より強化されているという設定もあり)なので、ミニ人間のまま巨漢を投げ倒したりできます。この予告を観ていただけるとアントマンの力がわかります。

https://youtu.be/pWdKf3MneyI


アントマンは実はコミックでは恋人のワスプ(彼女もまた体を縮小して、蜂をモチーフにした特殊スーツを着て活躍)ととも、アベンジャーズの初期メンバーでした。またウルトロンをもともと作ったのはピム博士だったのです。

今回の映画『アントマン』は、原作コミックで、ピム博士から二代目アントマンを襲名したスコット・ラングが主人公です。
先ほどの予告編でマイケル・ダグラスが演じているのがピム博士、彼がスカウトした泥棒がスコットです。このスコット役を演じているのがポール・ラッド。キャラの設定やコメディ映画を中心に活躍しているポール・ラッドを起用したこともあって、『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』的なシリアスさではなく、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に通じるコミカルさがありますね。

『アイアンマン2』の方で登場したトニー・スタークの父ハワード・スタークやペギー・カーター(キャプテン・アメリカの永遠の恋人)も登場するらしく、恐らくピム博士と昔のシールドの関係が描かれるのでは?またファルコンが登場するとの噂もあります。さらにヒドラ党やテン・リングス(=「アイアンマン」の敵組織)についても言及がなされるらしいのです。

そして、もっとすごい噂としては、スパイダーマンの世界に登場するオズ・コープ(=そう、あのグリーン・ゴブリンの会社)の存在が劇中語られる、というのがあるのです。ご存知のように、この先マーベル映画にスパイダーマンは登場しますから、その伏線?

アントマンは巨大化するとジャイアントマンになります(笑)
次の『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』には、ジャイアントマンとして登場とも言われています。

さて個人的に僕が好きなのは、このポスター。


羽蟻にまたがっています。最近公開された最新TVCMでもそのシーンがフィーチャー

https://youtu.be/TfTcx_TwXq8


アントマンの、実は、すごい能力の一つに、蟻とコミュニケートできる、というのがあるのです。その魅力部分をちゃんと押さえていますね。アベンジャーズの最初のコミックでは、この蟻の大軍を使ってロキをやっつけましたから(笑)。

映画『アントマン』 日本では秋の公開です!


*写真は2014年のサンディエゴ・コミコンのマーベル・ブースで展示されていてた、アントマンのヘルメット(Photo By すぴ豊)

テキスト/杉山すぴ豊
続きを読む