伊集院光も驚愕!蛭子能収がロケ番組で爆弾発言「TVで言っちゃダメなヤツ」


6月22日深夜に放送されたTBSラジオ系『伊集院光 深夜の馬鹿力』で、伊集院光が、蛭子能収がロケ番組中にサラリと爆弾発言したことに驚愕したと語り、話題になっている。


それは、テレビ東京で6月20日に放送された番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』でのことだ。その番組を見ていた伊集院はラジオで、「蛭子さん、一個凄いのあったね(笑)」と語り始めた。

「観た方は分かると思いますけど、蛭子さんが急にはしゃいで、波打ち際ですっ転ぶんですよ。それで、ドロッドロになるんですよ」と語った。蛭子は海辺で転倒したことでズボンが汚れたので、その場で穿き替えると言い出したのだという。「そしたら蛭子さん、ドロドロになったズボンから、新しいズボンに『印鑑を移し替えた』って言い出すのね・・・」。

伊集院は、その『印鑑を移し替えた』の意味が分からなかったという。「だって何で印鑑を持ってんの?ってなるじゃん。ロケ中だよ。そしたら共演者も『なんで印鑑を持ってんの?この番組に』って聞いたら、蛭子さん『急に、取っ払いの仕事が入るかもしれないから』って言うんだよ・・・」。

これについて、伊集院はまずリスナーに取っ払いのシステムを説明。「取っ払いっていう、現場で精算する仕事は確かにあるんですよ。そういう仕事はあって、『ここでサインをして、領収書にハンコを押してください』って言われて」。

蛭子は、プライベートで競艇に行った時にふと関係者から『解説ちょっといいですか?』と頼まれることがあり、事務所には内緒でちょろっとやって5万円くらいもらうことがある、と丁寧に番組内で説明したのだ。伊集院は「蛭子さん『その仕事で発生したお金をそのまま直にもらって帰ってくる時に、印鑑が要るんです』って言うのね(笑)。それ、テレビで言うって凄くない?(笑)」と発言した。

「事務所に内緒で、公的な仕事をしてお金をもらってくるっていう・・・。蛭子さんの凄いというか、ヤベェなって思うところは、自分でフォローしてるつもりだけど、フォローになってないヤツが結構あって。その後、『でもね、結局それは競艇場で全部使っちゃってるから、問題ないんですけどね』って言うのね。しかし、問題は凄いぞ(笑)!」と改めて蛭子の天然の凄さを熱弁した。

ネット上では、「確かにオレもそう思った(笑)」「なんでペラペラ喋っちゃうんだろうねw」「蛭子すげえな」「天才親父」と驚きの声が上がっている。

■参照リンク
『伊集院光 深夜の馬鹿力』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/radio/format/ijuin.html
続きを読む