「ハンドパワーはない」Mr.マリックの激白に、「知ってたw」「むしろまた見たい」


かつて「ハンドパワー」で一斉を風靡したマジシャンのMr.マリックが、6月29 日夜に放送されたテレビ朝日系の『しくじり先生4人の先生キテます3時間SP』に出演。売れっ子だった頃に抱えていた苦悩を明かすと共に、自ら「ハンドパワー」の存在を否定し、視聴者の間で話題となっている。


その登場直後から、「ハンドパワーとは何か?...そんなものはない。本当に何もないんです。大嘘」と、断言したMr.マリックは、「来てます来てます...って私言ってましたでしょ?あれなんか、来てますって言ってるとき心の中でね、何が来てるんだろう?と(苦笑)」と、お馴染みのフレーズについても、ある種の「演出」であったことを激白。また自らの名前を「マジック+トリック」で「マリック」としたように、基本的には手品師であったにもかかわらず、テレビ関係者からの提案に乗ってしまったことで、超能力者的な売り出し方になってしまったという、あまりに衝撃的な内容を告白した。

こうしたMr.マリックの激白に、ネット上の視聴者からは、「知ってたwww」「つかこの頃みんなマネしたりしてたよなwww」「たしかに今考えたら異常だわw」「普通にマジシャンとしての腕がいいんだから逆にまた見てみたいよ」といった声が。自らが大ブレイクしたのは、「ハンドパワーではなくテレビのパワー」だと強調したMr.マリック。やはりテレビの持つ力は、かなりのものであるようだ。

https://youtu.be/DU9hHkpmD6g


文・福原優也

■参照リンク
しくじり先生|テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/shikujiri/
続きを読む