スマスマSPでSMAPがTV初披露した「ある曲」が名曲すぎると話題に


素晴らしい楽曲というものは、いつの時代も人々の心に大きな喜びを与えるものであるが、6月29日にフジテレビ系で放送された人気バラエティ特番『SMAP×SMAP話題のハーフ会大集合&人気俳優&TEAM NACSと大激突SP』の中で、話題のバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音が手がけたという「好きよ」が演奏され、注目を集めている。


特番となったこの日は、おなじみの『ビストロSMAP』、『親友フィーリングカップル』『ガチンコバトル5 ON 5』などで、いつも以上に多彩な顔ぶれが登場、終始、番組を盛り上げていたが、ライブコーナーで披露されたメドレーでは、SMAPがアルバム『Mr.S』収録曲の中から、ゲスの極み乙女。の川谷絵音が作詞作曲を担当した「好きよ」をテレビ初披露。これに対し、川谷も自らのtwitterアカウントで「たくさんの曲の中からファン投票で選ばれたとのことで、本当に嬉しいです。ずっと愛される曲になって欲しい」とその喜びを語った。


1988年の結成から今年で27年。入れ替わりの激しい芸能界にあって、いつまでも色褪せず、いつまでも衰えることのない魅力で活躍し続けるSMAPと、急速にその支持層を拡大しつつあるゲスの極み乙女。。今後もそんな彼らの活躍に、より多くの注目が集まりそうな気配だ。

文・福原優也



■参照リンク
SMAP×SMAP
http://www.fujitv.co.jp/smapsmap
続きを読む