巨大ヘビが脱走!その名も「ゾンビ」 全町民がゾンビハンターとなって必死の捜索【動画】




10フィート(約3メートル)のパイソンが飼い主から脱走。イギリス・ケントで起きた、はた迷惑過ぎる行方不明のペットの捜索が話題となっている。

https://youtu.be/mXcRIYceF_k


ウサギも一気に飲み込むという、メスの巨大パイソン(11歳)、その名もゾンビ。先週6月26日、地元スーパーマーケットという住民の集まりやすい場所で失踪したまま行方をくらましている。飼い主のシニさんは、ソーシャルメディアでゾンビの目撃情報を求めると「公園近くでみた」など幾つかの証言は得られたが、その後の足取りは不明となっている。

飼い主は「彼女は凄くフレンドリーだ、安全だ」と主張しているようだが、見た目が完全にロック野郎の飼い主シニさんの言うことを信じる人はおらず、地元はザワザワしたまま捜索活動が続いている。
「友人から若者、高齢者、女性、子どもと知らない人まで色々な人が一緒に探してくれてる。本当に素敵なことです」と本人はえらく感動しているが、たぶんさっさと蛇が見つかって欲しいというのが地元住民の本音だろう。

一般の人にとっては恐怖しかないこの事件、いまだにゾンビは発見されず地元ケントの地元メディアは連日この情報を報道し続けており、住民こぞってのゾンビハンター祭りは続いている。
続きを読む