パイロットが操縦室で「Playboy」誌のセクシーモデルと自撮り→即解雇&セクハラ訴訟




今や世界中いつでもどこでも行なわれているセルフィー=自撮り。しかし、TPOをわきまえずセルフィーしたことで、大きすぎる代償を払うことになった人もいるようで...。

https://www.youtube.com/watch?v=tyapygleIao


後悔してもしきれない失態を冒してしまったのは、アルゼンチン航空のパイロット2人。彼らは飛行機が飛んでいる最中に、同国のテレビパーソナリティーでありギリシャ版『Playboy』誌にも登場したヴィクトリアさんをコックピット内に招き入れ、一緒にセルフィーした。彼らには、ヴィクトリアさんに操縦をさせた疑いもあるという。


本人たちは楽しいひとときだったかもしれないが、ひとつ間違えれば乗客の命を危険にさらした可能性もある。事態を重くみた航空会社は問題のパイロットを解雇し、ヴィクトリアさんには今後5年間の搭乗禁止を決めた。またこれが罪に問われるか、さらなる調査を行なっているという。一方、ヴィクトリアさんはパイロットたちに性的嫌がらせを受けたとして、訴訟も考えているそうだ。

ネットでも「解雇されたのは妥当だね。コックピットには関係者以外は入るべきじゃない」など、パイロットや女性の行動を批判する声が出ている。
続きを読む