『まどマギ』声優・悠木碧の超高速ナレーションがスゴすぎる【動画】




昨年末に新創刊し、人気を博しているライトノベルレーベル「ダッシュエックス文庫」。本レーベルから初のアニメ化作品となる『六花の勇者』(山形石雄 イラスト/宮城)の放送開始を記念して、同作でヒロイン・フレミーを演じる人気声優・悠木碧(『魔法少女まどか☆マギカ』など)がナレーションを務める【伝えたいことが多すぎる!ダッシュエックス文庫!!】CMが決定。この度、CMのメイキング映像が解禁された。

https://youtu.be/wnn_iQSJBwQ


[ダッシュエックス文庫]は、集英社の誇るジャンプ各誌でのコミカライズ(漫画化)をはじめ、アニメ化、映画化を含めたメディアミックス展開を視野に入れ新創刊されたライトノベルレーベル。

解禁となった特別映像は30秒の間に330文字もの量を音読し、[ダッシュエックス文庫]の最大の強みである"魅力的なキャラクター"をナレーションベースで伝えるCMとそのメイキング映像。今回のCMでは同レーベルの人気作、圧倒的アドベンチャー『クロニクル・レギオン』を題材にナレーションに挑戦している。

ナレーションや話し方のプロと言われるアナウンサーでも1分間に300文字(30秒で150文字)が基本とされている中、その倍以上の文字量、さらに抑揚を付けてのチャレンジには"早口言葉が得意"だという悠木碧も「これはマズイぞ、普通に5,6回間違えるかもしれないですね」と苦笑い。今回も練習では「つらたん...。」と弱音を吐いていたが、聞き取りやすさを前提にしながらも抑揚を付け、伝わりやすさにこだわりながら、本番ではたった1回のチャレンジでOKテイクに。もちろん、切り貼りや速度を変える編集など一切せずに、30秒間に収めるその妙技を是非メイキング映像と共に確認してほしい。

悠木碧は、『六花の勇者』について、「それぞれキャラクターの見た目と本当の姿とのギャップが凄く魅力的で、面白い作品です! 私が演じる勇者フレミーは一見ミステリアスな少女です。孤独な役柄で声のトーンも低いですが、話が進む毎に彼女の本当の気持ちも分かってきて、最初に抱いた印象と全く変わってくるのがまたいいんです! 是非今回のCMで興味を惹かれたら、アニメも原作も、一緒に楽しんで貰いたいです」とコメントしている。

■参照リンク
『ダッシュエックス文庫』公式サイト
http://dash.shueisha.co.jp/
続きを読む