『サザエさん』で「アナゴさん死亡説」が噂された注目回が放送、神回と話題に


7月5日夕方に放送されたフジテレビの人気ご長寿アニメ『サザエさん』で、先週の予告で話題となっていたストーリーが登場。多くの視聴者からの注目が集まる中で放送されたその内容が話題となっている。



これは先週の放送で予告されていた『穴子さん最後の晩さん』(作品N.o.7305)で、その意味深すぎるタイトルから、ネット上では早くも「アナゴさん死亡説」などが取り沙汰されていたが、実際に放送されたその内容はというと、ちょっとした行き違いから、アナゴ夫人が腹を立てて家を飛び出してしまい、留守宅に戻ったアナゴさんに「今までお世話になったお礼」として、豪華な「最後の晩餐」が用意されていたというもの。なお、その中身たるや、大振りのステーキにオードブル、いかにも高級そうな酒という、アナゴ家では珍しく実に豪華な内容であったが、酒を冷やす氷の量がまだかなり残っていたことから、夫人は予め身支度を整えた上で、正確にアナゴさんの帰宅時間を見極めて晩餐を用意し、家を出てしまったことが伺えるため、その本気度はかなりのものである様子。

原作では相当ブラックな内容も多く含まれることで知られるほか、「ブラック雪室」の異名をとるベテラン脚本家・雪室俊一氏が手掛けた作品では、ホリカワくんの異常な言動などもしばしば話題となる『サザエさん』であるだけに、多くの憶測を呼びつつも、ネット上で囁かれていた「死亡説」は現実のものとならず、最終的には「いつもの」円満解決となったこの日の放送。多くの視聴者にとっては、まずはひと安心といったところであるようだ。

文・福原優也

■参照リンク
サザエさん
http://www.fujitv.co.jp/sazaesan
続きを読む