『ターミネーター』世界で最も有名なヒロイン、サラ・コナーの秘密に迫る【独占映像】


日本公開から30周年を迎えるこの夏、遂にあのアーノルド・シュワルツェネッガーが帰ってくる!7月10日より公開する全世界待望の最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』から独占映像を入手した。


その映像とは、人類最後の希望サラ・コナーの魅力に迫る映像。

https://youtu.be/rvO1fPPfX6M


人類抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーの母サラ・コナー。9歳からT-800ターミネーターに育てられ、サイボーグの殺し方と核時代の生き延び方を教わり、『ターミネーター』1作目では"か弱い"ウェイトレスだった彼女は、本作で女戦士へと成長を遂げている。果たして、T-800ターミネーターと共に、人類滅亡の「審判の日」を止めることができるのか!?

サラ・コナー役を務めたのは、TVドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で人気を博し、"世界で最も美しい顔No1!"から"世界で最も有名なヒロイン"に抜擢されたエミリア・クラーク。ジェームズ・キャメロン監督は『ターミネーター』で戦うヒロインというジャンルを創り上げた。その映画史に残るキャラクターを演じたエミリアは、「かなり肝の据わった女性として登場するわ。本作ではサラの新しい歴史が書かれている。彼女はこれまでとは全然違う育ち方するけど、それでもジェームズ・キャメロンが書いたキャラクターの本質的な部分は保たれているの」と強調。

本作の撮影開始に先立ち、キャストたちは数週間に渡ってトレーニングを敢行。実際の撮影では、スタント、格闘、激しいワイヤーワーク、武器の扱いなど多くの事を要求された。エミリア・クラークは「本格的な銃を撃ちながら、全速力で走るのよ。大がかりなアクション映画を見ると、すごく簡単そうに見える。でも実際に自分でやってみると、『うわ、やばい!これマジだわ!』という感じ。サラは戦士になるようにターミネーターに育てられたから、戦闘とサバイバルに関してすごい知識を持っているの。いつでも準備万端っていうサラの一面を自然に表現できるように訓練したのよ。タフなサラを演じているからなおさらよ!」とコメントする。


映画史に刻まれる数々の名シーンへのオマージュを盛り込み、旧作を超える驚きの展開が待ち受けている。『ターミネーター』の生みの親ジェームズ・キャメロン監督は、「最新作は私にとって『ターミネーター』の3作目だ!」「期待を遥かに超える、予想外のどんでん返し!必見の作品!」と手放しで絶賛! シュワルツェネッガー=T-800ターミネーターが、もうすぐアイルビーバックだ!!

https://youtu.be/PcgYVXcsebY


『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月30日(金)より全国公開
(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

■参照リンク
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』公式サイト
Terminator-movie.jp
続きを読む