池谷幸雄のバカポジティブさが話題に 「アキレス腱を切っても大丈夫!」


7月9日に放送されたフジテレビ系のトークバラエティ『アウト×デラックス』に、オリンピックメダリストでタレントの池谷幸雄(44)が出演。そのあまりに独特なトークぶりが視聴者の間で話題となっている。



この日、『バク転で大怪我をした銀メダリスト』として同番組に出演した池谷は、先日負傷した右足をかばいながら、松葉杖姿で登場。その怪我に関する話や、自身の体験談などを数多く語ったが、冒頭から「アキレス腱を切ってもすぐに病院に行く必要はない」「実際に切ってみるとそんなに痛くない」「アキレス腱を治すにはフカヒレやスッポンを食べてコラーゲンをとるしかない」といった、あまりに謎すぎる見解を自信タップリな口調で全力アピール。そのため、これを観た視聴者からは「池谷wwwww」「この人の脳筋ぶりは本物やで」「ある意味超人的だと思うわw」「みんなドン引きしとるやんけwww」と実に様々なツッコミが。

その後も、MCのナインティナイン・矢部浩之から「今回の怪我と離婚したときはどっちが痛かったですか」と尋ねられると、「もう完全に離婚ですね!アキレス腱なんて屁の河童ですから」と即答し、その後は自らの体験を踏まえる形で「収入が減ったら養育費の減額申請をするべき」といった離婚のノウハウについていきなり熱っぽく語りはじめるなど、終始マイペースなトークを展開した池谷。共演の坂上忍からは「すべてにおいてもっともらしく話すけどさ、何話してもバカっぽく見えるね」と強烈なダメ出しを食らったものの、それでも笑顔で「何事もやってみないとわからない人なんで!」と語る彼のポジティブさに、今後も多くの人々が注目しそうな気配だ。

文・福原優也

■参照リンク
アウト×デラックス
http://www.fujitv.co.jp/outdx
続きを読む