美人覆面漫画家・まんしゅうきつこ、アウトすぎるエピソードがネット上で話題に


7月9日に放送されたフジテレビ系のトークバラエティ『アウト×デラックス』に、かつて大胆なグラビアでも注目を集めた「美人覆面漫画家」のまんしゅうきつこ氏が出演。その強烈なインパクトが視聴者の間で話題となっている。



この日、2組目のトークゲストとして出演した彼女は、その冒頭から挙動不審者感全開で登場。その学生時代に、交際中の相手が駅のホームから彼女を突き落とそうとするような「エキセントリックな男性」であったことを激白。その彼から身を隠す目的で自らハサミで髪をザクザクに切ったり、別人に見えるような個性的なファッションで変装したりといったエピソードを語ったが、そうした「奇人ぶり」を示す逸話の中でもとりわけマツコ&矢部をのけぞらせたのが、井の頭公園で「ひとりボート」を楽しんでいた際の出来事。彼女の周囲にいたWデートをしている若者たちが彼女の「ぼっち」ぶりを馬鹿にする素振りを見せたことから、彼女は「頭のおかしい人」を本気で演じ、奇声を発しながら彼らのボートを全力で追い回したのだという。

こうした彼女の実に個性的な言動の数々に、ネット上の視聴者も大爆笑。「なんやめっちゃおもろいやんけw」「この人好きだわ。ひそかに本買ったしw」「美人だけどぼっちって最高ですやんw」「ようやくおまいらの好きそうな美人漫画家の登場だなwww」「なんだろうこの親近感wwwww」といった称賛の声が数多く巻き起こった。


今春からはそれまでの覆面ぶりから一転、過激な撮りおろしグラビアの発表に、今回のテレビ出演と、はからずもその注目度が急上昇中の彼女。板に付き過ぎているその「ぼっち」とは裏腹に、今後もますますその活躍の幅が広がりそうな気配だ。

文・久保田太陽



■参照リンク
アウト×デラックス
http://www.fujitv.co.jp/outdx
続きを読む